Harmonica FAQ 

ハーモニカQ&A

楽器の呼び方がわかりません。ブルースハープという名前ではないのに、吹いてみるとブルースハープのようです。どうしてですか?何か違うところがあるんですか?


A. ブルースハープはホーナー社の商品名です。楽器の名前はテンホールズ・ハーモニカと言い、その中で有名な機種がブルースハープという訳です。




音が合わないのは音感のせい? テレビで流れているハーモニカの曲に合わせて吹くと全く音が合いません。簡単そうな曲のマネでも音が合わないのは、私の音感が悪いからでしょうか?


A. テンホールズ・ハーモニカは、本来は12Keyで1つの楽器です。全く音が合わない場合はKeyの違うハーモニカである可能性があります。




プロが使っている楽器は普通のものと違うのですか?プロの人の演奏を見ていると音量が大きくてくっきりしているように思うのですが、あれは楽器の種類が違うのでしょうか?


A. 大きくくっきりというのは呼吸法によるものかもしれません。よく「腹から声を出す」などと言いますが、ハーモニカでも腹式呼吸を使いこなして説得力のある音を出しています。




一人二重奏をしたいです。一人しかいないのに、メロディーを吹きながらブバブバと伴奏をしている人がいますが、あれはそういう特別なハーモニカがあるのですか?


A. 「タングブロッキング」という、舌を使って音をコントロールする奏法です。単音の時は舌で他の音をふさぎ、伴奏時は開くという繰り返しで二重奏します。




高い音と低い音がきれいに重なった音で吹いている人がいますが、あれはどうなっているのでしょうか?何か特殊な技法なのでしょうか?


A. 「タングブロッキング奏法」の応用で「オクターブ奏法」といいます。1オクターブ分の穴を一度にくわえ、間の穴を舌で塞ぐことで、高い音と低い音を同時に出します。




かすれたようなうなる音を出したい。パワフルなブワァ~ンというブルースの哭き音に憧れます。あれはなんという技法でしょうか?ベンドとは違うのでしょうか?


A. 汽車のマネをするときに汽笛などで使う音だと思いますが、しいて呼ぶなら和音的なベンドだと思います。2~3穴分をまとめてくわえ、一気にベンドさせる感じで演奏します。




揺れる音を出したい。波打つようなビブラートで演奏する人がいますが、手は揺れていませんでした。口の中の操作で揺らすのでしょうか?


A. おそらく喉を震わせるスロートビブラートだと思います。いきなり喉を揺らすのが難しい場合は、ベンド、戻す、ベンド、戻すを繰り返す感じでビブラートを作っていきます。




曲のKeyと違うKeyのハーモニカで吹くとブルースに合うと言われました。それってどういう意味?例えばCの曲だったら、どのKeyのハーモニカで演奏したらいいのでしょうか?


A. ブルースの場合はCのKeyの曲に対してF-Keyのハーモニカを使いますが、これをポジション奏法(この場合セカンド・ポジション)と言い、ブルースらしい演奏がしやすくなります。




暗い曲を吹く時のことを教えてください。私は長調の曲には長調のハーモニカを、短調には短調を使い分けていますが、ブルースの奏者は長調しか使わないと聞きました。本当でしょうか?


A. テンホールズ・ハーモニカは、ベンドすることで音を作ることができます。そのため、短調の曲であっても、ベンド音を活かすためにあえて長調のハーモニカで吹くことがあります。




汽車みたいなパフォーマンスをしたい。よく汽車のマネをハーモニカでやる人がいますが、あれはブルースの決まりのようなものなのでしょうか?早いほど上手いという事でしょうか?


A. 「トレインバンプ」という技法でブルースやカントリーではハーモニカの腕の見せ所となります。ただ早く吹くことより、迫力や躍動感が重要です。




専用マイクについて教えてください。ブルースセッションでマイクを使ってハーモニカを吹いているのを見ますがあれは特殊なマイクでしょうか?普通のマイクでは出ない音ですよね。


A. セッションではハーモニカ専用マイクを使う方が多いとは思いますが、普通のマイクでも握り方や設定によりそのようなサウンドを出すことができます。




健康のためにハーモニカを始めたのに、吹くほど息が苦しくなって疲れてしまいます。ハーモニカに合わない体質なのでしょうか?


A.ハーモニカの持ち方やくわえ方が間違っていると、通常の何倍も息を使っても、十分に音が出ず、ただくたびれてしまうことになります。テンホールズは、片手でしっかりと固定するように持ち、唇の奥の方までくわえるようにしてください。




ひとつの音がキレイに出せません。口をすぼめて、1つの穴に息が入るように頑張っているのですが、どうしてもいくつかの音がまとめて出てしまって、何を吹いても曲に聴こえず悩んでいます。どこが悪いのでしょうか?


A. 口をすぼめると、息が細くなって小さな穴に届きそうに思えるのですが、実際は唇の凹凸から空気がもれてしまって、キレイな音になりません。まずは、セロハンテープで隣の穴をふさいで吹く方法を使って、キレイな音を体験してみてください。そのあとで、息を吹きこむときのちょうど良い力加減を覚えていくのが上達の早道です。




肩こりと首の痛みが取れません。ハーモニカを吹くたび痛くなります。練習には時間をかけている方だと思うのですが、その割にまったく上達せず、悩んでいます。どうしたらいいのでしょうか?


A.ハーモニカの練習をしていて、肩や首が痛いという場合は、ひょっとしたら演奏するときの姿勢が悪いのかもしれません。譜面を見るために下を向く癖がある人や、脇が締められず、肘がグラグラになってフォームが定まらない人によく見られる症状です。姿勢が良くなると、演奏技術も上達しやすくなりますので、これを機に、土台を固めるつもりでフォームの改善に取り組まれることをおすすめします。




ハーモニカでプロを目指しています。気持ちは頑張っていきたいのですが、最近ハーモニカを吹くと、ひどい頭痛がするようになりました。検査をしても異常はなく、薬もあまり効かないので、どうしたらいいか困っています。


A.音や技術に自信のある方で、激しい演奏スタイルを好む場合、酸欠から頭痛をおこすことがあります。(演奏している時だけ頭痛がする場合は、その可能性が高いと思います)体全体が力みすぎていないかどうか、基本に戻ってもう一度フォームの確認をしたり、音楽的に差し支えなければ、少し引き算した演奏スタイルを検討する、などが対策として考えられます。




まだ吹き始めたばかりで、CのKeyのハーモニカ1本しか持っていません。別のKeyのハーモニカも試してみたいのですが、おすすめのKeyはありますか?


A. ハーモニカのKeyは、吹きたい曲のKeyや、一緒に演奏する人のKeyに合わせて選ぶ場合は自動的に決まってくるのですが、そうでない場合のKeyの選び方を、私(広瀬)なりに説明した動画を作ってみました。それぞれのKeyには、独特の個性があります。それを、分かりやすくキャラクターに例えて紹介させていただいていますので、気楽な気持ちでご覧くださいませ。




テンホールズで日本の童謡唱歌に挑戦してみたいです。メロディーをなぞるだけではなく、バンドマンっぽくカッコ良く吹いてみたいのですが、どんな風にしたらいいですか?


A. メジャー(長調)はセカンドポジションで演奏することにより全体的にベンドのいきるブルージーな曲に仕上がるように思います。マイナー(短調)はフォースポジションで高音の吹きベンドを使うことにより、アジアンテイストのブルージーな音が表現できるように感じます。




ロックが大好きなので、ロック感バリバリのハーモニカを吹いてみたいのですが、そういうハーモニカをあまり聞いたことがありません。どうやって練習したらいいですか?


A. ロックの曲でハーモニカが入っている曲は少ないですし、ノリとなるとフォーク風やブルース風に吹いている人がほとんどです。現実的にはロックの曲をインストでカバーする(歌のメロディーを吹く)ことでロック感のあるハーモニカを体得するのが近道かもしれません。




テンホールズでジャズを吹くのは難しいと聞きましたが、いつか挑戦してみたいと思っています。取り組みやすい曲というのはありますか?


A. ジャズで最初に取り組むならば、やはりテンポの問題が少ないバラードからだと思います。くわえてクロマティック・ハーモニカではなく、あえてテンホールズらしさを残すというのであれば、多少泥臭い感じの曲の方がベンドもいかせますし、この楽器にも向いていると思います。この動画では、「ジョージア・オン・マイ・マインド」「センチメンタル・ジャーニー」「レフト・アローン」を紹介しています。




バンドでハーモニカの出番が増えるように、ハーモニカを活かす曲を作りたいと思っています。でも、作曲をしたことがないので、どうしたらいいかわかりません。最初は何をすればいいですか?


A. バンプなどのテンホールズを象徴するような技法を軸にしてみる、自分が好きなベンドからメロディーを作ってみるなどが良いと思います。12小節ブルースのテーマを作曲するという方もとても多いです。





© 2020 by HAMONICAFE of Site. Proudly created with Wix.com